中古車を買う

修復歴がない修理車・事故車

修復歴がない修理車

車の修復歴は「走行に支障がある損傷の修理」という一般人から見れば嘘に思えるような定義があるので、「ドアが凹んだ」「バンパーが傷ついた」といった走行に影響が出ないような修復個所については表示することも告知する事もありません、極端な話、修復のあとわかるような車であっても「修復車」のはならないわけです。

修復歴がない事故車

修復歴有り=事故車なんですが、上の修復歴のない修理車の考えを適用すると、事故車だからといって必ず修復歴があるわけではないことになります、たとえば、「人とぶつかって、バンパーが少しキズついて、避けた時に右側のタイヤ・ホイルもキズついたので交換した」という場合、確かに事故をしていますし、走行にも支障がありますが、この修理は修理歴の表示個所ではありませんし、損傷個所も単に交換ですから修復歴には該当しません、人とぶつかった車にもかかわらず、「事故歴有り」「修復歴なし」という表示になります。

「修復歴あり」の事故してない車

世の中には「修復歴があっても事故していない」車も実は存在します、最近多いのが「ひょう害車」と呼ばれる車です、これは新車置き場にひょうが降ってきて、車の屋根を傷つけてしまったので修復したという車です。
屋根の修理は「修復歴有り」にカウントされるので、事故してなくても修復歴ありになります、ただ、この場合は「ひょう害車」という表示もされていると思いますけどね

「修復歴あり」の車は、相場よりかなり安いので魅力的ですが、正直ってオススメするのがとても難しいです。
ただ、最後に説明した「ひょう害車」は、車のヘコミと塗装を塗り替えただけなので、走行にはなんの支障もありませんから、そういったことが気にならななら、価格次第ではかなりお買い得な車かもしれません、ただし、メーカーやディラーが先に買い取ってしまうことも多いので数が少ないので普通の中古車店ではあまり見かけないかもしれませんね。(^_^;)

最近の記事

あなたのかわりに中古車さがす

 

最大20社から保険無料見積もり

 

ロードサービス付き日本最大ガススタカード

 
PAGE TOP