車の基本

軽自動車が得意なとこ、そうでないとこ

最近、売れ行き絶好調の軽自動車ですが、軽自動車の得意なとこと。そうでないとこを、バッサリと説明してみますね(写真はダイハツ: ウェイク)

軽自動車の得意なとこ

軽自動車のほうが普通車より自動税がかなり安い ○

軽自動車と普通車の「自動車税」を比べると、年間で2~3万円違うことが多いです、自動車税は毎年払うものなので、5年・10年といった期間で比較すると、自動車税だけで数十万円違ってきます。

軽自動車の方が車検がメンテナンス代が安い ○

軽自動車は昔から、車検・点検・修理代・交換部品代といったメンテナンスに必要な費用が普通車よりも安く設定されていることが多いです、だいたいですが70~80%くらいといった感じですね、購入後の車の維持費が安くすみます。

軽自動車の方が、有料道路代が安い ○

すべての有料道路ではありませんが、メジャーな高速道路の通行料金は、普通車よりも軽自動車のほうが安くなっています、普通車の80%くらいの料金になることが多いです。

例)東名高速 東京→富士 【普通車:3420円】【軽自動車:2770円】

車が小さいから街乗りがラクラク ○

軽自動車は、車が小さいので街乗りがとってもラクです、「そんなの関係ないよ~」「下手なだけじゃない」とかの声が聞こえてきそうですが、田舎や地方都市の広々とした道路ばかりならならともかく、都会のゴミゴミした所を走るのには軽自動車は最適です。

ワゴンタイプなら荷物を大量に載せられる ○

軽自動車のワゴンタイプなら、コンパクトカーやセダンなどとは比較にならないくらい荷物を載せることが出来ます、余程の大物・長物でなければ、乗せられないということは、まず無いので、使い勝手がとても良いです。




軽自動車の得意じゃないとこ

どんなに車が大きくても4人乗以上は乗れません △

最近の軽自動車は室内も広く、あきらかにコンパクトカーやセダンよりも広く、その気に慣れば5人だってカンタンに乗れちゃいそうですが… 軽自動車は法律で5人乗れないことになっています、たとえ乗れても乗ってはいけません。

安全性に疑問…衝突には強くなったが、衝突された場合は? △

安全性を重視して改善されていますが、もらい事故と呼ばれる「追突される事故」の場合、相手が少し大きい車だと、カンタンに吹き飛ばされます、一般道でも横からぶつけられて横転しているのは軽自動車のワゴンタイプの車が多いです。

高速道路や坂道はやっぱり苦手 ?

最近の軽自動車は、豪華で室内も広くなっていて街乗りも快適ですが、快適になった分車が重くなって、特にウェイクやN-BOXといった背の高い軽自動車は、高速走行や坂道といった、エンジンのパワーが必要になる走行はどうしても苦手です。

燃費が思ったよりも悪い(一部の大きい軽自動車)?

軽自動車のユーザーの多くの人が感じるのは「燃費がおもったほどよくない」ということ、特にハイトワゴンやトールワゴンと呼ばれる背が高い軽自動車に多いですね、この軽自動車をコンパクトカーと比べると、「エンジンの大きさは半分しかないのに車の重さはほぼ同じ」です。

コンパクトカーと同じように走ろうとするなら、エンジンをかなり回してあげないと同じ力がでなません、排気量が半分でもそれ以上にエンジンを回すので結果的に燃費が悪くなっているのです

普段使いなら軽自動車が最強と思う

軽自動車の優劣イロイロ言いましたが、車は単純に性能だけで語れるものではないですし、個人の志向しだいな気がしますから、軽自動車だから素晴らしい、軽自動車だからダメだ…なんてことはありません、それと個人的に感じるのは「日本の道路で普段使いなら軽自動車が最強」でないかとずっと昔から思っています。




最近の記事

あなたのかわりに中古車さがす

 

最大20社から保険無料見積もり

 

ロードサービス付き日本最大ガススタカード

 
PAGE TOP