運転免許

運転免許ローンについて教えて

運転免許ローンは申込者によって少し違う

合宿免許の料金の支払い方法「運転免許ローン」という方法があります、運転免許ローンは、申込者の年齢や職業によって、内容が微妙に違っている事が多いです。

運転免許ローン基本

運転免許ローンとは、ローン会社が合宿費用等を自動車学校に立替えて払って、ローンを申し込んだ人はローン会社へ月々払っていく方法です、教習所はローン会社から教習代を払ってもらているので、自動車学校に対して「免許費用はローンで払っているから…」なんて事を気にする必要はありません。

ローンは、「実質年利」「支払い回数」「保証人」「18歳未満はローン出来ない」ということについて知っておくと特徴があります

実質年利 13%~17%のとこが多い

ローン会社は教習代を立替えただけだと儲けが何もありませんので、立替えたお金に一定の率を掛けて、実際に立替えた金額よりも多く払ってもらいます、ローン会社の儲けの部分ですね、実質年利は余計に払う金額だと思って下さい。

年利は低いほど支払額が減りますので、17%と13%を比較すると、同じ支払い回数なら13%のほうが支払総額が少なくなります。

支払い回数 3~48回のとこが多い

運転免許ローンの支払い回数、よほどのイレギュラーな支払いでなければ毎月支払うことになります、3回だと3ヶ月、48回なら4年というこですね、支払い回数が多いと、そのぶん余計に支払う金額が増えます、3回と48回なら、3回のほうが支払総額が少なくなります。

保証人とは

保証人は、申込者が未成年であったり学生であって、もし支払いが出来なくなったときに代わりに支払いをする人です。

18歳未満はローン申し込みできない

運転免許ローンに限らず、日本法律で全てのローンは18歳未満では申込ができません、18歳未満がローンを組む場合には「親権者(親)が申込者」となります。

運転免許ローンの申込パターン

運転免許ローンの年齢や職業によって、申込の時に必要な事が違って来ます、ローン会社によって多少の違いはありますが、大きく分けると大体こんな感じになります。

未成年で無職or高校生

・ローンの申し込みは、自分では出来ない
・親権者が(親)が代わりに申し込みをします、これを代理申込といいます
・ローンの引き落とし銀行口座も、代理申込をした人の口座になります

成人で無職or未成年で有職or家族と別居している大学生・専門学校生

・ローン申込は自分で出来ます
・親権者が連帯保証人(一般には父親)になる必要があります
・ローン引き落とし口座は、自分の口座でOK

成人で有職(勤続1年以上)or家族と同居している大学生・専門学校生

・ローンの申込は自分名義で行う
・ローン引き落とし口座は、自分の口座でOK

最近の記事

あなたのかわりに中古車さがす

 

最大20社から保険無料見積もり

 

ロードサービス付き日本最大ガススタカード

 
PAGE TOP