車の基本

車の寿命ってどれくらい?

今の国産車は、大事に乗れば「いつまでも乗れる」かもしれません。
特に国産車はもともと耐久性に優れていますし、日本の道路もとてもいいので車があまり傷みません、大事に乗れば、いつまでも乗れてしまいそうな気がします

長く乗るにはメンテナンスが必須

ただ、いくら性能のよい国産車でも、メンテナンスをしてあげないと、どの車も最終的には必ず壊れることになりますが、国産車は出来がいいので、多少メンテナンスをサボっても問題なく走れ、さらにカンタンに壊れませんから、メンテナンスをせずに故障したときには、かなり重症になっている車が多いですね

もし、新車からまったくメンテナンスしないとすると、3~5万キロくらいで、車が壊れるような気がします、さすがにやったことないので推測のい話ですが、構造上そうなるはずです。

メンテナンスすれば「10年10万キロは余裕余裕」

ノーメンテナンスだと数万キロが限界といいましたが、メンテナンスをしていれば、普通の乗り方で10年10万kmは、ほぼ確実に大丈夫でしょう、気を使って大事に乗ってあげれば20年20万km、それ以上も十分いけると思います。

消耗品を定期的に換えるだけで、格段に車の寿命は伸びます

車の寿命を延ばすにはどうしたらいいか、その答えは「消耗品を定期的に交換する」だけですね、その為には、ディラーや整備工場がやっている、定期点検に出して車の消耗しているところ・傷んでいる所がないか見てもらいます、そして指摘されたら「使用限界が来る前に交換してあげる」事が大事です。

ここで間違えないで欲しいことは、「指摘されたからすぐに交換しないといけない!」と思ってしまうことです、実際は「あと、どれくらい使えるか聞いて、その限界が時期が来る前に交換する」という交換の仕方で十分です。

ディラーや整備工場は、商売ですから「今、交換してもらいたい」というのが本音、ちょっとでも傷んでいると「傷んでいるんで交換しましょう」と言ってきますから注意しましょう。

指摘されたら「あとどれくらい使えますか」と必ず聞いてみることをオススメします。

こういった事を続けていけば、トラブル知らずで安心して車に乗り続けられると思いますよ

最近の記事

あなたのかわりに中古車さがす

 

最大20社から保険無料見積もり

 

ロードサービス付き日本最大ガススタカード

 
PAGE TOP