新車を買う

3.新車の値引きを調べよう

3.新車の値引きを調べよう

欲しい車が決まれば、値引きを調べましょう、新車の値引きを調べずに商談に突入するのは自殺行為、「何も調べていませんよ~」「私は車のこと知りません~」「カモです!(*´ェ`*)」と公言しながら商談しているようなものでスキだらけです。

新車の値引きについて知っておこう

新車の値引き額は上限だけが決められている

新車の値引き金額は、ほとんどのお店で値引きの上限だけが決められています。
「最高○○万円までは値引きしてもいい」という感じです。

じゃ、「最低の値引きは○○円から」というのは、決まっているでしょうか?
実は、決まっていない店がほとんどです、私のいた所も決まってはいませんでした、厳密に言えば「最初は○万円くらいの値引きから話を始める」という感じですね。

開始金額が決まっているお店の場合「一体そんな値引きで買う人がいるの?」というような金額設定であることが多いです。

 

値引きを知らない、最低値引きで買ってしまう

新車の値引きをまったく知らない人は、本当にその値引きで納得してしまったり、そこからチョットの上乗せしたりサービスをしたりすると、大喜びして契約をすしてくれる事もあります、まぁ、ここまでカモは滅多にいないんですが、セールスマンが会社から貰っている値引き枠の、7~8割り程度で買っている人はかなり多いですね、値引きの相場を知らないので、「恐ろしい買い方をしている」ということが、まったくわかっていないのだと思います。

 

値引きを知らないお客さんは足元を見られる

「クルマの値引きを知らない人」に対して、私達セールスマンは絶対に大幅値引きを出すことはありません、お客さんの様子を伺いながら「あなたは特別なお客様です」といったお芝居を演じ続け、「なんかすごく信用できそう」「すごくいいセールスさん」というイメージで攻めてきます、値引き合戦は出来るだけ避けたいですし、値引き合戦になることも考えて「常に余力を残して商談する」というのが習性だからです。

ちなみに、この辺のコントロールが新人セール(見習い)は出来ないので、最初から値引きを出してしまい、一歩も引けない状態に自ら自分を追い込んでしまい、車も売れないという悪循環に陥ちいり、最後は辞めていきます。

 

値引きを知らないと…こんなのに騙される

値引きが10万円が相場の新車があったとします、あるセールスマンは「この車の値引きは10万円と決まってるんで、それ以上は難しいですね」といい、違うセールスマンは「普通は5万円くらいなんですが、上司に掛けあって今だけ7万円のOKもらいました、あと少しなら付属品もサービスできそうな感じです」と言うセールス、あなたがこの車の値引き額を一切知らないなら、どっちのセリフにお得感を感じますか? 逆に10万円という値引きを知っていたなら… どう感じますか?こういった事が日常的に行われているのが新車ディラーなんですね。

 

値引きを調べるなら雑誌「月間自家用車」がいい

新車の値引きはWEBでも掲載しているサイトがあるので調べることができますが、新車値引きは地域やお店によって違うので、個別の記事で「アクア○○万円引きで買った」といった内容は、正直いってアテにならないことが多いです。

新車の値引きを調べるなら、月刊誌の「月刊自家用車」がベストです、ディラーセールスマンも知っている「月刊自家用車」ですが、国産乗用車と一部の外車の値引きが130車種以上、常に掲載されていて、全国を意識した値引きの平均値を記載してくれています。

私が考える限り、この雑誌の情報を事前に知っているだけで、そうそう「足元を見られる」ということが無くなると思います、値段は800~900円ぐらい、値引きを調べるだけなら立ち読みで十分ですが、新車の商談をする前には一冊買って読んでみると「諸費用ガイド」「車両価格表」「販売台数」など、商談の時に参考になる記事がのっていますよ、毎月26日くらいが発売ですが、そんなに数を置いていないのか? 一部のマニアがいるのか?、けっこうすぐに無くなってしまうお店が多いです。

それと、月刊自家用車にのっている「X氏の値引きにチャレンジ大作戦=値引き交渉の詳細なレポート」は、リアルで参考になりますが…商談する人のレベルが異様に高い人が多いので、これをマネしたかったら、定期購読しての修練が必要です

NEXT >> 4.新車ディラーへ車を見に行こう

最近の記事

あなたのかわりに中古車さがす

 

最大20社から保険無料見積もり

 

ロードサービス付き日本最大ガススタカード

 
PAGE TOP