新車を買う

2.どんな車を買うか考えよう

予算が決まれば、決めた予算内でどんな車を買うか考えてみましょう、ちなみに↑の10式戦車は9億5000万円程度らしいですので、ただ取り扱いディーラーがまるでわかりませんが・・・
さて、新車を買う時には「欲しいクルマ」「気になるクルマ」を買えばいいんですが、車に詳しくない人の中には「何を買えばいいのかわからない」と迷ってしまう人も多いんで、「後悔しない車の決め方」をアドバイスします。



買う車を決める、後悔しない車の選び方

欲しい車が決まっている人は、ぶっちゃけ「買えるかor買えないか」だけですよね、新車の場合はローンをカンタンに組めるので、「もうこのクルマしか無い」という人は、「ローンを使って買う」だけですから、既に買う車が決まっている人は読み飛ばしてOKでお先へどうぞ。

NEXT >> 3.新車の値引きを調べよう

ほしい車が決まっていなくて「どんなクルマがいいのかわからないのよ~」という人は、ちょと参考にしてみてください。

その前に「車っていくらなのあるの??」という方へ

これは困りましたね、どう説明していいかわかりませんが、人気車種に多い値段をザックリいうと、「軽自動車 100-180万円」「コンパクトカー 110-180万円」「2000cc迄のミニバン 200-300万円」「2000cc以上の車 300万円以上」というのが、新車の車両本体価格です、トヨタでもダイハツでもいいので、一度メーカーのホームページ行って値段を見てみて確認してみましょう。

予算オーバーの車種は選ばない

欲しい車が決まっていない人や、商談に経験がない人はセールスマンと話をすると、セールスマンの術中にハマリ、どんどん予算がオーバーしていくことがあります、こういうことを防ぐために、車選びの段階から、「予算以上は1円もオーバーしない!」という気持ちを奥に秘めながら新車を選んでいきましょう。

燃費のいい車を選ぶ⇒財布に優しい車

欲しい車が決まっていない人は、「車に関心がないけど、足が必要なんで止むなく」といった人が多いです、そういう人にとって車の燃料代は、頭の痛い問題です、購入後に維持費が少しでも安く済むように、燃費にこだわって車を選んでみましょう、この手の車ではハイブリッド車全般ですね。

リセールが高い車を選ぶ⇒お買い得感が高い

リセールとは、将来の車の買取価格の事です、今は欲しい車のない人でも、生活環境が変わって必要な車が出てくるかもしれません、そんな時に「査定したら高値だった」としたら、ちょっと嬉しいです。スズキのジムニーなんかは10年乗っても同世代の車とは比較にならない買取価格がでます。

あまり乗らないor乗りつぶす=安い車でOK

車はそんなに必要でない、お金はあまり掛けたくない、古くなっても気にしない、というなら、出来るだけ安い車がいいでしょう、軽自動車の小さいタイプの車が一番安いですね、もし大きな車が必要な時にはレンタカーという手もありますから、ダイハツのミラやスズキのアルトといった車なら新車でも100万円以下で買えるグレードがあります。

ぶっちゃけ、今はどんな車がオススメ?

超個人主観です、「車に興味のない人が乗る車(2015.03時点)」で考えると…

・軽自動車:タント、ウェイク、N-BOX、N-BOX+、ハスラー
・上記以外:アクアやフィット等のハイブリッド車かSUV

といったところですね、これらの軽自動車はそこそこ大きいので使い勝手もよく、普段使いなら不便を感じることはないはず、それに将来の買い取り価格も期待できます。

ハイブリッド車は燃費と買い取り価格に双方に有利です、SUVは買い取り価格だけですが期待が持てる車です、ただどっちも200万円オーバーの車が圧倒的に多いので、興味がなくてそれだけのお金を出すかどうか難しいところです。

NEXT >> 3.新車の値引きを調べよう



最近の記事

あなたのかわりに中古車さがす

 

最大20社から保険無料見積もり

 

ロードサービス付き日本最大ガススタカード

 
PAGE TOP