車の基本

コンパクトカーはこんな車

コンパクトカーという言葉は誰が言い出したのかは知りません、実は明確な定義もないんですが、大体、上のような感じの車をコンパクトカーといいます。

一般的にはコンパクトカーと呼ばれるているクルマは、軽自動車以外の小さいクルマの事を言います、エンジン大きさ(排気量)が1000~1500ccで、クルマの長さが4m前後で、重さも1000kg前後のクルマの事をコンパクトカーと言うことが多いですね。

コンパクトカーで2015年度に人気の車は、アクア(トヨタ)フィット(ホンダ)ノート(ニッサン)ヴィッツ(トヨタ)デミオ(マツダ)の順番になっています。

コンパクトカーのイイとこ

燃費の良いクルマが多い ○

コンパクトカーはとても燃費が良いクルマが多いです、車も小さくて軽くつくられ、エンジンも燃費を意識して作られているので、ガソリン1リットルで20㎞以上走るクルマがたくさん有ります。

値段がお手頃で財布にやさしい ○

コンパクトカーは、ライバル車が多く装備のわりにお買い得感の高い車も多く、絶対的な金額も軽自動車とあまりかわりません、エンジンの大きさは軽自動車の2倍もありますが、車の値段はほぼ一緒ということです、最近では軽自動車のほうが高いくらいですね。

運転がしやすいので街乗りに向いている ○

クルマが小さいために、小回りがききます、狭い道や駐車場でも取り回しカンタンです、街乗りなどの普段使いにむいています

自動車保険料が安いので万全の保証に入りやすい ○

車の値段も手頃で、排気量も小さいということから、自動車保険料が安く設定されている車も多いのです、保険料が安いですから、その分手厚い保証内容の保険に加入しやすくなります。

 



コンパクトカーのイマイチなとこ

サイズが小さいので、高速がちょっと苦手 △

コンパクトカーは、エンジンが小さいので力のない車が多いです、高速道路などではスピード調整がチョット苦手です、といっても120km超えた世界で話、100km以下ならなんの問題もありません、大きな車に比べると…というレベルの話になります。

日本の道路は100kmまでとかいう話もあるとかないとか…

女性向けのクルマ…といった印象が少しある △

軽自動車ほどではありませんが、女性向けの車という印象があります、最近ではだいぶ改善されてきて男性・女性が乗っても違和感のない車種やグレードも増えてきましたから、時間の問題で解消されるような気がします。

コンパクトカーが向いている人

○ 車にはあまりお金を掛けたくない
○ 運転はラクな方がいい
○ 狭い道や狭い駐車場が多い
○ 初めてのマイカー




最近の記事

あなたのかわりに中古車さがす

 

最大20社から保険無料見積もり

 

ロードサービス付き日本最大ガススタカード

 
PAGE TOP