中古車を買う

5. ② お店と車を見に行こう(車を見る)

初心者でもチェック出来る事がある

中古車のチェックはとっても大事です…が…初心者に車のチェックが完璧に出来るかというと「不可能」と言っていいでしょ、中古車を完璧に評価するには、最低「査定資格」と「相当の実務経験」が必要です、ただ、初心者でもチェックできる事は結構あります。

チェックの前に車を見やすいところに移動してもらう

中古車展示場では、キツキツで展示してあるところも多いです、そんな時には見やすいところに車の移動をお願いしてみましょう、もし、ここで移動を嫌がるようなお店は、お客さんを大事にしないお見なので、購入後にトラブルが発生した時、満足のいく対応はしてもらえないかもしれません。

プライスボードは埋まっていて空欄がないか

中古車の値段が書いてあるプレートを「プライスボード」と言います、これをみると値段以外の事がたくさん書いてあります、本来一つ一つチェックして欲しいのですが「初心者には難しい」です。

そこで、それぞれの欄に空欄がないか確認して下さい、空欄があればなぜ書いていないのか? チェックが入っていなければ「なぜチェックがはいっていないのか」ついでの「その言葉の意味」もを聞いてみましょう。

しっかりとした説明があれば問題有りませんが、わざと書かれていなかったりすれば、なにか意図的な理由がありそうですし、空欄がおおければ、管理体制が出来ていないと判断できます

 

洗車してあって展示車は汚れていない?

中古車店は沢山の車があるので、洗車が行き届かない場合もありますが、大体道路に面している車や目立つところにある車は綺麗です、ただし展示場の奥にあるような車に、水垢や雨水の流れた後が沢山あるお店は要注意かも、管理が行き届いていないのかもしれませんから、展示車のコンディションも気になります。

 

車の塗装は、初心者がみてもわからない、あきらめて…

車の塗装チェックは、外観をじっくり見てチェックするんだけど、これを説明しても無理、「あなたが見ておかしくなければ、ホトンドの人はおかしいと思わない」と思って自分の直感を信じて下さい。

プロがみれば板金修理したかどうか、一目見てわかる車が多いですけどね、私は複数の友人に「あの車修理してるけどこかわかる?」と聞いてきましたが正確に答えた人はいません、「まぁ一般人ならこんなものかな~」と思いましたね。

一目見て「なんだこのド下手くそな塗り方は!!」と思った車でも、一般の人に聞いてみると「ちょっとわからない…そうなの?」と返されてしまいますからね、
あなたが、グルっと見回して「これは綺麗だ」と思えば、私のような業界関係者以外は「綺麗だ」と思っていてくれるはずです。

 

車のスイッチは全てON/OFF、動かせるものは全べて動かす

車の塗装とは反対に「車の内装・外装での動かせる部分は全て動かす」のが大原則、エアコンやオーディオはもちろん、リヤウインドウのワイパーや、リクライニング、エアコンの吹き出し口の風の向きなど、とにかく「動く」「押せる」「引ける」「開ける」「閉じる」といった動作可能なものは全てチェックします。
買ってからしばらくして「動かそうとしたら動かなかった」とクレームを言っても、まず認めてもらえません、USED品なのでクレームの保証期間が短くて、その範囲も狭いのです。

 

中古車選びはお店選び

車の初心者が、車を見極めるというのは、正直言って無理があります、新車のディラーセールスマンでさえしっかりと車を見れる人は少ないとうのが現実だからです、車を見るよりも「お店」や「スタッフ」を見たほうが間違いないのが中古車業界です。



NEXT>>6.中古車商談のポイント

最近の記事

あなたのかわりに中古車さがす

 

最大20社から保険無料見積もり

 

ロードサービス付き日本最大ガススタカード

 
PAGE TOP