新車を買う

車庫証明書はセールスマンに取ってもらおう

車庫証明書がないと車が登録できない

車は警察が発行する車庫証明書がないと登録が出来ないので納車することができません、警察が発行する書類ということで手続きに代行料が掛かりますし、なんか難しそうに思えますが、実際は自分で取ることも可能です、でも、イチバンいいのはセールスマンにタダでやってもらうことですよね

車庫証明の取り方

車庫証明書を自分で取ることができれば、新車購入のときの諸費用で車庫証明の取得費用を節約することができます、車庫証明書の取得手続きはやってみるとそれほど難しくはない、というのが一般的な意見ですが、これはある程度の知識があって面倒なことが平気な人の話だと思います。

自分で取ってみたいのでしたら、【車庫証明書】というキーワードで調べると、車庫証明の取り方について解説しているサイトがたくさん出てきます。

車庫証明はセールスマンにタダでとっても貰おう

自分で車庫証明書を取るのもいいですが、出来ればやって貰ったほうがラクですよね、セールスマンにタダで車庫証明手続きをしても方法があります、ただし、この方法は100%成功する方法ではないということと、中古車屋さんには一切通じない方法です。

さて、その方法は

車庫証明は自分で出す!!と言っておきながら最終的には出さない

というだけの作戦です。

車は『車庫証明書』がないとナンバーはつけられません、車庫証明は最寄の警察署で発行されるわけですが、発行までに『数日ないし1週間』程度かかります、 仮に 車庫証明発行に5日間かかると仮定した場合は、月末前の(30日が最終日の場合)25日までに車庫証明書発行の申請を出さないと、その月には車庫証明が発行されない事態となります。

もう気がついたかもしれませが

ディーラーは、毎月の販売台数をとてつもなく重要視していますが、ここでいう販売台数は何台売ったということではなくて、ナンバーをつけた台数=登録した台数なんですね。

そのためディラーは、なんとか月内の登録台数を多くしようと必死になります、それに直接かかわるセールスマンはなおさらで 契約できて車も準備できているのに、車庫証明書がないから登録できない…なんてことは話にならないです。

こういったセールスマンの弱点を利用するには、交渉の段階で『車庫証明手続きは自分でやりますから、手続費用はカットして下さい』と申し出てOKをもらいます、最終的にはギリギリまで出さないわけです、『申し訳ない忙しくて暇がなくて…月末にはなんとか…』と、適当な理由をつけて遅れていることを申し訳なさそうに言えばいいでしょう。
※ 最初から値引きで外せればそれに越した事はないですが…

セールスマンは、登録のするためにタイムリミットをよく心得ていますから、あなたが言い出さなくても、『会社には内緒で私が取ってきますよ』と言ってきてくれる可能性が高いです。

最近では、最初に依頼すると『それではサービスしましょう』と言ってくれるディラーもあるようです、うれしい話ですが、その分、車両値引きがケチられていることもありますからね。

成功の可能性が高い月は、3・6・9・12月で月の中盤以降が狙い目のです、必ず成功する方法でないのが残念ですが、やってみる価値は十分あると思います。
※ 最近はOSS「ワンストップサービス申請」が主流になりつつあり、車庫証明の値引きに応じてくれないお店も多くなってきました。

 

最近の記事

あなたのかわりに中古車さがす

 

最大20社から保険無料見積もり

 

ロードサービス付き日本最大ガススタカード

 
PAGE TOP