新車を買う

値引き交渉で家族に協力してもらおう

家族の協力で値引き上乗せを目指せ

新車の値引き交渉をするときに、「家族のOKがないと車が買えないんですよ…」といった感じで購入条件を設定してから商談をすると、セールスマンから返事を求められたとき、自然な感じの返事が出来きますし、交渉の主導権を握ったままで話をススメられます。

 

返事は家族の次第としておくと便利

セールスマンから商談の返事を迫られた気にときに、すごく効果的な切り返し方として「家族に聞いてみないとわからない」「家族と相談してから返事します」といった回答の仕方があります。

このセリフはかなり強力で、比較的カンタンにその場を切り抜けることが出来ます、商談では「契約の最終判断は家族決定」といった設定を隠しておいて商談を開始し、最後の値引き交渉の時に、家族に登場してもらいNGを出してもらうことで値引きの上乗せを引き出す作戦です。

実際は、最後の商談に入る前に、家族と事前に打ち合わせをしておき、もしもセールスマンから話を振られたら「ちょと高いな~これではだめだな~」という感じのことを言ってもらえばいいのです、この時に「もっとまけろ~」「値引き増やせ~」とかは、話がややこしくなるんで、言ってもらわないほうがいいでしょう、それよりも「もう少し安いのにしたら…?」という言葉のほうがセールスマンにはキツイですね。

 

セールスマンは車が売れる直前なんで必死です

「なんとかこの反対者を落とせないか?」
「反対者に合意を取り付けられないか!」
「他のメーカーに行かれるのだけは避けたい!」

と最後のアクションを起こします。

これが、明らかに購入者の友人と思われる人の発言だと、「アハハハハ」と笑ってごまかす(とぼける)事もできますが、血縁や親戚となったら話しは違いますからね。

もしこの段階で、引き下がってしまえば今までの苦労が水の泡ですし、新車が売れませんが、この「反対者」さえをくどけば車が売れるわけですから、セールスマンも必死になって上司や会社と掛け合うはずですよ。

その結果、そういったセールスマンの行動が、値引きの上乗せにつながり、プラスαの条件UPを提示をして来る可能性が高くなります。

商談に慣れていない人は、「自分のだけの判断では決められない(本当は決められても)」といったスタンスで商談したほうが、新車の値引きは引き出せるかもしれません。

最近の記事

あなたのかわりに中古車さがす

 

最大20社から保険無料見積もり

 

ロードサービス付き日本最大ガススタカード

 
PAGE TOP