新車を買う

電話での新車値引き交渉は効果的

電話で値引き交渉したほうがラク

新車の値引き交渉では、お店で話をしないといけないわけではありません、電話で値引き交渉して沢山値引きを引き出す人も大勢いますし、お店よりで交渉するよりも効率的で有利に交渉できることもあります。

電話だとセールスマンの術中にハマる可能性が低く

まず、あなたの立場からすると、お店に行って交渉した場合、お店の雰囲気にのまれたり、現車を目の前にして話をしてしまうので、どうしても気持ちが高かぶり、交渉が大雑把になりがちになります。

もちろんセールスマンはそれを狙っていますけどね、憧れの新車が目の前にあって契約書にサインすれば自分のものになる…こんな状況では、細かい金額を詰めるより、「もう、買っちゃえ!!」みたいな感じになるのが普通ですからね。
よほど交渉になれていないと、セールスマンの術中に落ちる可能性が高くなります、電話ならこういったことはありません、「契約条件を冷静に見ながら」商談することが出来ます。

電話なら、言いたいことが言える

人によっては、顔を突き合わせた話し合いだと、どうしても強いことが言えない人って多いんじゃないでしょうか、でも電話でなら、けっこう強い事も無理なく言える事って多いですよね。
交渉なので、「やってほしいことは言わないと伝わらない」「わかっていても言われるまでやらない」といった事が普通の世界ですから、言いたいことはガンガン言っていいと思いますから、電話を利用してドンドン要求しましょう。

電話をつかった商談のコツ、次回につながる約束をする

セールスマンからしても、電話の交渉はラクなんで大好きですが、「電話だけ」というのでは、逆に不安になってしまします。

「他の車を買うんじゃないか?」
「もう他の車に決めたんじゃないか?」

などとついつい余分な事を考えてしまうものなのです、そこで

「いい話しがでたら会います」
「値引き条件がもっとでたら会いますよ」

など電話の商談の時には、次の商談をするための条件を話しておけば、担当の営業マンは
上司に一生懸命条件を引き出す活動をします。

まぁ やらない営業もいるかもしれませんが(笑)

「お会いしてお話をさせて欲しい」という事を言われたら、
「最近忙しくて、時間が取れそうもない」

とか、適当な事いっておけばやんわり断れば良いでしょう

つまり、セールスマンからすると、会社や上司に早く結果を報告しないといけませんから、あなたと会う為に「自分の値引き枠をもっと出して」積極的にあなたと会う必要があるわけです。

電話でのやり取りだけで、セールスマンからビックリするような値引きを引き出していくお客さんは実は沢山います、電話に限らずメールも同様です。

新車の値引き交渉では、電話やメールで積極的に使って交渉してみてください。

最近の記事

あなたのかわりに中古車さがす

 

最大20社から保険無料見積もり

 

ロードサービス付き日本最大ガススタカード

 
PAGE TOP