新車を買う

マイカーリースで損しない為の車選び

マイカーリースで損しない車を選ぶには

買うよりは、絶対に高くなってしまうマイカーリース、でも頭金もいらないし、月々の支払いがフラットなのは捨てがたいですよね、といってもやはり毎月の支払額は少ないほうが良いです。

マイカーリースで月々の支払額を抑えるには、残価を高くなるように契約すれば良いのですが、結果、最後にお金が必要になっては意味がありません、少しでもマイカーリースをお得にするためには、どんな車に乗るのかがとても影響してきます。

人気車に乗ろう +10点

これは鉄板です、人気車は将来の買い取り価格が高くなることが多いので、マイカーリースしたときに残価も高く設定されます、月々の支払額も少なくて済みます。

人気車は値引きが少ないというのが常識ですが、それは普通に買っても同じこと、ただ、マイカーリースは人気車ほど高い残価設定となるので、月の支払額が低くなります。

人気色を選べぼう +8点

これも、将来の査定対策です、一般的に人気色と不人色では10万円以上の買い取り金額の違いが出ます、高級車の場合は20~30万円違い事も! 数十年安定した人気の色は黒と白です。
当然、将来値段が出る車のほうが残価も高くなりますが、マイカーリース契約の時には、色の事は考慮されていない事がホトンドなので、これは車を返却するときの「査定額」で効果を発揮することになります。

オプションは控えめに +5点

ここでいうオプションは、ディーラーオプションの事です、メーカーの工場でつけてくるメーカーオプションは、発注時にしか取り付けられませんので、欲しいのなら選ぶ余地はありません

なぜディラーオプションは取り付けないほうが良いかというと、その装備品にも金利が掛かってしまうからです。

ナビなど30万円くらいディラーオプションを付けた場合で5年のマイカーリースだと、2~3万円の金利を支払うことになります、にもかかわずリース終了時には、ディラーオプションはほとんど評価されません。

手持ちに多少のゆとりがあればですが、なるべく現金や後からつけるほうが良いでしょう

NEWモデルやフルモデルチェンジ後がいい +3~5点

マイカーリースをするなら、NEWモデルが最高です(5点)、次はフルモデルチェンジした直後の車(3点)がねらい目ですね。

ただ、NEWモデルは、そうタイミングよく狙えるものではありませんので、現実的にはフルモデルチェンジした直後の車という事になります。

国産車のフルモデルチェンジは通常5~9年の間なので、フルモデルチェンジ直後の車を5年間のマイカーリースをした場合、返却時も現役と同タイプの可能性が高く、当然、現役モデルということで査定価格も高くなりますから清算時に有利となります。

中古車で人気の車を選ぶ(3点)

車には、セダン・ミニバン・軽自動車などなど、いろんなジャンルの車がありますが、人気のあるジャンルは比較的決まっています、まず、鉄板は軽自動車、次にSUVとミニバンですね。

こういったジャンルのミドルグレード以上を選んでおけば、買取価格は高いはずなので、マイカーリースにしても、将来の価値に不安を覚えるのは少ないでしょう

スポーツタイプも非常に人気が高いですが、これは中古車の数が少ないのと、新車時が高額なといったとが影響されている気がします、高値ではありますが、絶対的な重要が少ないこともあり、査定になったときは微妙になるかも

また、人気のジャンルでも、エントリークラスやベーシックグレード、と呼ばれる価格帯の車は、中古車になったとき人気が下落するので、マイカーリースではお勧めしにくいですね。

不人気車のマイカーリースはNG -10点

新車の購入と違い、マイカーリースは値引きが多い不人気車は、割安になりません。
なぜなら、将来の残価を低くお店側が見積もるためです。

300万円の人気車と不人気、新車値引きが人気車は0円で不人気車が50万円、5年後人気車は100万円の査定価格、不人気車は0円の、こういったケースのマイカーリースの支払いは人気車のほうが安くなります。

新車の値引きが、かなり違うのに不思議な話ですが、リース会社も将来値段が出ないような車をリースしたいと思っていません、なざなら契約終了後の車の処分がとても面倒だからです。




 

マイカーリースで損しない車選びのマトメ

・人気車を選ぶ
・人気色を選ぶ
・人気のタイプを選ぶ
・オプションは少なく
・エントリーモデルは選ばない
といった事を、考慮して車を選ぶことで、お得にマイカーリースを利用することが出来ます。

 

最近の記事

あなたのかわりに中古車さがす

 

最大20社から保険無料見積もり

 

ロードサービス付き日本最大ガススタカード

 
PAGE TOP