維持と費用

車の維持費には何があるの?

車を買う前、買った後に気になるのが車の維持費、車の維持費にはガソリン代やオイル交換とった、車に乗るために必要な維持費と、税金や保険といった直接は必要のない維持費の2種類にわけれます。

車の乗るための普段必要な維持費としては、ガソリン代・オイル交換・タイヤ交換といった燃料と消耗品の交換費用があります、それ以外に、点検や車検といった、車のコンディションのチェックと維持をする費用が必要です。

それとはべつで、車を動かすには支障がないのですが、法律で支払うことが義務付けられているものとして、「税金(自動車税・重量税)」と「自賠責保険(強制保険)」があり、それとは別に個人の判断で入る「自動車保険(任意保険)」があります

車を買うと、こういった維持費が多いので「車は維持費が掛かるという」よく言われてしまうのです

燃料代(ガソリンor軽油)
消耗品交換の費用(オイル交換・タイヤ交換等)
コンディション維持の費用(点検費用)
税金(自動車税・重量税)
保険(自賠責保険・自動車保険)

ひとつひとつ、もう少し詳しく説明します

最近の記事

あなたのかわりに中古車さがす

 

最大20社から保険無料見積もり

 

ロードサービス付き日本最大ガススタカード

 
PAGE TOP