中古車を買う

中古車の走行距離目安は?

中古車で気になることの一つに走行距離があります、特に走行距離が多い車は買ったあとで、壊れてしまわないか?故障が起きないか?とチョット心配になりますよね、ここでは中古車を選ぶときに大切な「走行距離の目安」についてついて説明してみます。

走行距離の目安は年間10,000キロ迄

車の走行距離は1年で10,000キロというのが、中古車査定の基準としても妥当で一般的な感覚とも合致しているのではないでしょうか、1ヶ月では800キロちょっとくらいです、そこから考えると5年で50,000キロ、8年で80,000、10年では100,000キロ前後なら問題ない走行距離と言えます。

実際に100,000キロ走っている車をみると「随分走っているなぁ~」と感じてしまうかもしれませんが、新車から10年経過しているなら、それは走り過ぎではなく適性な走行距離ということになのです。

走行距離が少ない車で気をつけたいこと

1ヶ月で300~400キロしか走らない車は、5年乗っても30,000キロ以下の走行距離になります、この程度の走行距離だと、メンテナンスは車検しかやっていないという車もあります、乗ったら乗りっぱなしというわけです、当然、車の状態はよくありませんが、今の国産車の性能なら問題なく走ってしまうでしょう。
中古車を車を見るときに、年間5,000キロ程度しか走っていない車は「定期的なメンテナンスは実施しているか?」を気にかけたほうがいいでしょうね。

走行距離が多くても安心な車もある

先の話をとは逆に、1年で20,000キロ以上走る車あります、5年も走ると100,000キロになってしまいますが、こういう厳しい使い方をする車のオーナーは、メンテナンスの重要性を理解している人が多いので、点検やオイル交換といった常日頃から車を気にかけメンテナンスをしっかりやっています、こういう車は乗ってみるととっても調子が良いことが多いです。
年式は新しいけれど、走行距離が多いな…といった車は、メンテナンスがどう行われていたか確認してみることをオススメします、走行距離が多いのでお買い得な価格になっていることもあります。

最近の記事

あなたのかわりに中古車さがす

 

最大20社から保険無料見積もり

 

ロードサービス付き日本最大ガススタカード

 
PAGE TOP