買ったあと

車検で気を付けるべきポイント、値段・追加整備の内容確認

安いだけの車検では安心出来ない

安さを売りにしているだけの車検はあまりオススメできません、特に、「早い」「安い」というのはどうかと思います。

というのは、普通の商売なら「早い」というのは割増料金になるはず、ところが車検の場合は「早い」=「安い」という図式がまかり通っています、なぜなんでしょうか?

実は車検を早くやる一番カンタンな方法は「一切整備をしなければいい」という方法です、一言で言うなら手抜きですね。

ちょっと極端な話ですが、「一切整備をしない」ということなら、追加整備は料金は掛かりませんし、お客さんへの説明も簡単です、人員も少なくてすみ、車検の為の設備も最小限でいいでしょう、一番手間のかかる整備がないのですから短時間に複数台数の車検も出来ますから効率がいいです。その代わり安全と品質は十分か?と言われると…(法的には問題ありませんよ)

普段から、車のチェックをしっかりしているなら、これでも問題ないですが、ホトンドの人はそうではありませんから、数年に1回の車検の時くらい、愛車をしっかり点検してもらう車検のほうがいいでしょう。

高い車検がいいとは限らない

今度は逆に「しっかり車検をしてもらうから多少は高くなっても仕方がない」、この考えも実は間違いです、なぜなら、車検の内容と金額は関係なくて大事なことは「普段はあまり見ないとこを点検してもらうこと」これが大事なことで、沢山お金を掛けたから安心だ!では必ずしもないのです。

具体的な例で説明しますと、車検の見積で「バッテリー交換・タイヤ交換」といった追加整備が入っていたとします、お店の説明で「交換時期なので念の為にいれておきました、交換しなくても車検には通ります」というような話し方なら信用してもいいでしょう、ですが、「傷んでいるから変えないと車検には通りませんね~」というような説明してきた時は要注意です。

なぜなら、車検でのバッテリー扱いは「車が動けば車検には通る(エンジンが掛かればOK)」ですし、タイヤも「スリップサイン(使用限界のサインがタイヤに出てくる)が出ていない」なら車検はOKなんです。

slip

車検で注意しないといけないポイントは?

車検店も商売なので「売上しやすいもの」を追加整備として車検見積に書いて来ることがとても多いので、その書かれた追加整備については「今交換しないと、車検に本当に通らないの?」と念押しの確認をして、しっかり説明してもらい納得してから依頼することが大切です、極論を言えば車検は「信頼できるお店かどうか?」というのが一番のポイントになると思います。

最近の記事

あなたのかわりに中古車さがす

 

最大20社から保険無料見積もり

 

ロードサービス付き日本最大ガススタカード

 
PAGE TOP