新車を買う

ローン中の車は誰のもの?

ローン中の車は、車検証の所有者の物

ローンで買った車は、自分のものなのか? それともローン会社のものなのか? 疑問に感じる方もいるかもしれませんね、ローンで買った時の車の所有者について説明します。

車の所有者はローンの申込先で変わってくる

自動車ローンには大きく2つの種類があって、銀行や農協といった金融機関が行っている「自動車ローン」と、車の販売店が行っている「ディラーローン」があります、実はどちらのローンを使うかで車の所有者=持ち主が違っています。

 

銀行・農協の自動車ローンの車の所有者は、本人

銀行や農協といった金融機関が行っている「自動車ローン」では、車の所有者は「本人名義」になることが多いです、銀行・農協の自動車ローンは、名前こそローンですが、厳密言うと「融資」といって、「本人を信用してお金を貸している」からです、貸したお金の使い先が「自動車」だった、というほうが分かりやすいかもしれませんね。

融資で車を買ったのなら、車は100%あなたのものです、ローンが終わる前に車を売却することだって出来ます(金融機関との取り決めがなければ)単に信用してお金を貸しているだけなので、金融機関は車の所有権等にこだわらないのです。

 

ディラーローンの車の所有車は、信販会社(ローン会社)

ディラーローンは、ディラーからローンの依頼を受けてクレジット会社が業務を行っています、クレジット会社の場合は、ローンをする代わりに「車の所有者をローン会社する」という条件がついています。

これを、「所有権留保」といいます、「所有権留保」の場合、車の車検証の所有者欄には「信販会社名又は販売店名」が使用者欄には「あなたの名前」が記載されているはずです。

この場合、ふだん車を使うのには全く問題無ありませんが、車を売却して名義を変えたり、住所を変更して車の住所も変更したりする場合に、「所有者の委任状(所有者の認め印あるもの)」という書類が必要になるので、所有者=ローン会社の許可無く、売ったり、住所変更することはできません。

ローンが終わったら、信販会社や販売店に「所有権解除してください」といえば無料で行ってくれるはずですよ。

 

<参考-所有権解除で必要になる書類:お店によって異なります>

・完遂証明書(クレジットが完了した証拠書類、ハガキで案内が来る事が多い)

・車検証のコピー

・免許証のコピー

・印鑑証明

・自動車税納付書のコピー

・念書

 

 

最近の記事

あなたのかわりに中古車さがす

 

最大20社から保険無料見積もり

 

ロードサービス付き日本最大ガススタカード

 
PAGE TOP