新車を買う

返済トラブを起こしているとローン審査に通らない

返済トラブルがあるとローン審査に落ちる

過去や現在に返済のトラブル、簡単言えば所定の日に支払わなかった事があり、それを数ヶ月続けた場合、自動車ローンを申し込んでも、ローン会社から断られる事があります、このことを「審査に落ちる」と「審査が通らない」などといいますが、どういう返済トラブルをおこすとローン審査に落ちるのか簡単に説明します

こんな返済のトラブルを起こすとローン審査には不利

過去に借金の返済が滞った事がある人はローン審査で高確率で落ちます。

ローンでもキャッシングでも3ヶ月以上支払いが遅れた場合には、個人の信用情報(ローンの情報)にそのことが記載されててしまい、その時点で普通のローン会社ではローンを組むのは難しいでしょう。

「この人は、支払いを滞る人だ 要注意だ!」 というレッテルを貼られるわけです。

こういった情報は、借金を返済したからといってすぐに消えるものでなくて、返済が完了しても1年程度は情報として残っているので、その一年は遅れている人と同じような扱いになります、それから同居している家族にこういった人がいる場合でも、同様な人物とみなされることが有ります

クレジットカードなどの支払いも同様ですが、うっかりして数日過ぎてしまった、言われてからスグ払った程度なら問題ない事が多いようです。

最近の記事

あなたのかわりに中古車さがす

 

最大20社から保険無料見積もり

 

ロードサービス付き日本最大ガススタカード

 
PAGE TOP