運転免許

運転免許の種類

運転免許

自動車や原動機付自転車(原チャリ)を運転するには、公安委員会の運転免許が必要になります、運転免許には、仮免許・第一種免許・第二種免許の3種類があり、ふつうの自動車を運転するには、第一種免許を取得するのが一般的です。

仮免許

仮免許は、運転の練習などで路上を運転するときに必要な一時的な運転免許です、教習所で技能試験や技能検定を受けるときにも必要な免許になります。

仮免許の取り方
仮免許は教習所と試験場で取得する方法があります。
教習所の場合は第一段階を過ぎるて、その後に行われる試験(検定)に合格するともらえます、、試験上では適性検査・学科・実技試験を受けて合格すれば発行されますが、実技試験は教習所よりも難しいので、通常は仮免許だけを受けにいくメリットはありません。

第一種免許

道路で自動車を運転するために必要な免許です。
普通の人が免許というと、この第一種免許のこと言います、第一種免許は9の運転免許にわかれています

原付免許(50cc以下のバイク免許)
小型特殊免許(時速15km以下の自動車 耕うん機など)
小型二輪免許(125cc以下のバイク免許)
普通二輪免許(400cc以下のバイク免許)
大型二輪免許(二輪免許)
普通免許(自動車の免許)
中型免許(トラックの免許)
大型免許(大きなトラックの免許)
大型特殊免許(クレーン車・ショベルカーといった特殊な車

自動車免許というと、「普通免許」の事をいいますが、普通免許では「普通自動車」と「50cc以下のバイク」を運転することができます

 

普通自動車とは?
・車両総重量5,000kg未満(荷物を載せた時の重さの上限)
・最大積載量3,000kg未満(載せられる荷物の重さの上限)
・乗車定員10人以下

4人乗り軽自動車、車や8人乗りのミニバンは、上の基準に当てはまるので普通免許で運転できますが、マイクロバスなど11人乗れる車や、荷物が4,000kg乗せられるトラックは、普通免許では運転できない事になります。

 

第二種免許
タクシーやバスといった「商売として人を運ぶ場合」は二種免許が必要になります、二種免許も「普通」と「大型」がありタクシーなら「普通」でいいですが、バスの場合は「大型」が必要になります。

最近の記事

あなたのかわりに中古車さがす

 

最大20社から保険無料見積もり

 

ロードサービス付き日本最大ガススタカード

 
PAGE TOP