新車を買う

6-2.セールスマンを味方にする

6-2.セールスマンを味方にする

新車値引き交渉で大事なのは、「セールマンを味方にすれば損する買い物はしない」ということだと思いまうす、ホントは敵?ともいえるセールスマンが、もし味方になってくれれば、値引きが人より多くなる可能性がかなり高くなるのは当然の流れですよね

セールスマンを味方に付ける方法

商談でセールスマンに好かれれば言うことナシで最高ですが、狙って出来るなら今までの話が全てムダな気もします、セールスマンとは利害が絡んでいるので味方になってくれるほうがオカシイのです、ただセールスマンも人間です、普段から厳しいこを言われて慣れてはいますが、ちょっと親切丁寧な対応をされると、「がんばちゃおうかな」と思います、セールスマンを味方に付ける方法は、実は簡単で「ちょと親切丁寧な対応をする」これだけです。

ですが、新車を買うということで気合が入りすぎ「態度が大きくなる」人も結構います、こういう人はセールスマンから好かれることはありません、セールスマンが嫌うような行動をとらなければ、セールスマンは味方になってくれる可能性が高まりよ。

セールスマンが嫌がる行動

時間を守らない
セールスマンはいつも時間に追われていますので、時間の約束をしたらなるべく守りましょう、アポの約束をしたらその時間を守るようにして、もし変更があるなら、なるべく早く連絡したほうがいいでしょう。

約束を守らない
セールスマンは、お客さんとの約束を元にして、商談の進行状況を上司に報告していますから、約束したはずの事が実行されないと報告のしようがありません(「返事するよ」と言っておいてしない)、こう言ったことが何回かあると、セールスマンの心象はかなり悪くなります、とうか信用しませんから、当然、値引きを出さなくなります。

態度が大きい
新車という高額なものを買うので、それなりの態度になってしまうのは仕方ありませんが、セールスマンを下に見たり、私は客だ!というような感じで、ちょと横柄な態度を取る人には、セールスマンも気分が悪いので「この値引きで良ければ買って下さいネ」といった程度の商談になります。

ネチネチ聞いてくる、関係ない話をする
「これ買ったら、君にいくら入るの?」「○○○の所長と知り合いでさぁ~(VIPのツモリ?」「ボッタクだろ、もっと負けろよ(おまえは俺の上司か!)」といった事を言ってくる人は例外なく嫌われます。

「申し訳ありません~^^;」みたいな返事をしますが、心の中では「知るかボケェ」と思ってますよ、こういう人は何をしても「イロイロ言ってくる」ので値引きを多く出しませんし、悪条件を提示して「どっかに行ってくれないかな~」と思ってます。

セールスマンも人間ですから、プライドが傷つけられるような対応をされるのは面白くありません、半沢直樹のようなセールスマンはいません、まぁ、彼はバンカーですけどね。

言い方を変えると、小さな約束でも、ちゃんと守ってくれたり、感激する事をされると、思わず値引きやサービスしちゃったりすることもあります。

セールスマンが嫌がることをしなければ、値引きの上乗せを要求した時に「もうちょっと値引きを出そうかな」という感じに自然となります、初心者の場合は、変にテクニックを読んできてそれを試すより「礼儀をわきまえているな」というほうが、成功すると思います。

NEXT >> 7.契約をしよう

 

最近の記事

あなたのかわりに中古車さがす

 

最大20社から保険無料見積もり

 

ロードサービス付き日本最大ガススタカード

 
PAGE TOP