新車を買う

1.新車購入予算を決めよう

新車購入の第一歩は予算を考えることからはじめます。
予算を決めないと、どんな車が買えるのかわかりません、ほしい車を買うためにはいくら必要で、いくら足りないないのか、新車を買う為に絶対に必要なことがわからなければ、商談以前の話になってしまいます。
やっぱり世の中お金は重要ですね(^_^;)

新車購入予算は、車両価格の1.15~1.25倍あるといい

新車を買うには、いくら必要なんでしょうか?

メーカーサイトとかに表示してある車両本体代だけ用意しても、まったく足りません、消費税はもちろんですが、車だけに掛かる税金・保険・手数料などが必要だからです、この費用のことを「諸費用」といいます。

諸費用を説明しようとすると、聞きなれない言葉もあって「ナニソレ?」という事になるのでここでは省略します、新車の購入に必要な諸費用ですが、車両本体価格に一定の係数をかけることで、ざっくりですが諸費用込みの新車の購入金額を導き出すことができます。

・乗用車の場合(車両本体+付属品)× 1.15倍~1.2倍
・軽自動車の場合(車両本体+付属品)× 1.13倍~1.18倍

車両本体価格に一定の数を掛けると、けっこう近い購入金額を出すことができます、この金額は、値引き前ですから、最高で「これだけ必要」という目安になると思います。

200万円の乗用車なら、240万円(1.2倍の場合)
100万円の軽自動車なら、118万円(1.18倍の場合)

といった感じです、「目安」なんで、「オイぜんぜんちがうぞ!」という声も聞こえますがスルーします。

もし値引きが事前にわかっているのなら、値引き額を引いてから掛けることで、より実態にそった購入金額を出すことができます。

<たとえば>
ホンダン フィット
車両価格 1,265,000円
オプション 100,000円
値引金額 ▲65,000円

<こんな感じ>
(1,265,000+100,000-65,000)× 1.18=1,534,000

このフィットは、最高で1,534,000円が必要になります、厳密に計算をすると自動車税の関係やエコカー減税等、各種の手数料が違うので、今はこの金額よりも、10万円前後安くなる事も多いでしょう。

※ 車両価格が高くなると、誤差は大きくなります(もっと安くなると思う)

まぁ、新車を買うのにいくら必要かわかることが重要なので、細かい話は商談に入ってからということになります。

NEXT >> 2.欲しい車決めよう

 

最近の記事

あなたのかわりに中古車さがす

 

最大20社から保険無料見積もり

 

ロードサービス付き日本最大ガススタカード

 
PAGE TOP