運転免許

自動車運転免許を取得する2つの方法

自動車教習所で通うか一発試験か

40701_01

自動車運転免許を取得するには方法は2つあります、それぞれの方法の特徴を説明します

 

公安委員会指定教習所を卒業する

公安委員会指定自動車教習所を卒業して取得する方法です、ひらたく言えば自動車教習所にで運転免許を取る方法です、普通の人は自動車免許をこの方法で取ります。

自動車教習所では、決められ学科と技能教習を受講して、その後に教習所が実施する試験に合格する必要があります、お金と時間が掛かりますが、まじめに通えば教習所入所と同時に運転免許取得は保証されるといってもいいほどです、教習所で最後に行われる卒業検定と呼ばれる試験に合格しなければいけませんが、上手く行かなくても合格するように追加指導をしてくれます。

卒業検定では、ふだん教習してくれる指導員が試験官(検定員)ですし、試験車両も教習で乗り慣れた車、いつもの練習コースが試験コースなので、よっぽどのことをしない限り、ほぼ全員合格します。

教習所の卒業検定に合格したら、後日に運転免許センター(運転免許試験場)に行き学科試験を受験します、技能試験は教習所を卒業した人は免除されるので受ける必要がありません、学科試験に合格すれば免許証が即日交付され、運転免許の取得となります。

運転免許センターで「一発試験」に挑戦!!

もう一つの方法は、直接運転免許センターで試験を受験する方法です、本当はこっち正規な方法になります「教習所を卒業する」というのは、試験場で受けるはずの技能試験を教習所で先に受けて合格しているだけなのです。

試験場で直接受験する方法は、受験費用だけなので教習所に通う手間も省け時間もお金も少なくてすみますが、練習なく合格する内容とはとても思えないです、そもそも運転免許を初めて取る人は、車がわかっていないずなので、練習せずに受けるというのは「挑戦」といわず「無謀」というものでしょう、とてもオススメ出来る方法ではありません。

最近の記事

あなたのかわりに中古車さがす

 

最大20社から保険無料見積もり

 

ロードサービス付き日本最大ガススタカード

 
PAGE TOP