中古車を買う

6.中古車商談のポイント

商談では「購入条件・保証をハッキリ」

車のチェックが終わって車が気に入ったら、買う買わないはともかく商談に入ります、買う気がなさそうだったり、あまり熱が入ってないような感じをお店に与えると

お店は「他でも話が出たらすみません」と言って話を切り上げてくることも、これは「ダメだから他をあたろう」という一歩手前のサインです、お店の人の話を真に受けてはいけません。

商談のポイントは「購入条件を明確」にすることです。

商談で「購入条件」と「保証」を明確にする

車の初心者が、中古車店でセールスマン相手の値引き交渉をしようと思っても、ホトンド無理です「お金貯めてまた来てね」で話が終わってしまうかも、新車の値引き交渉より中古車の値引き交渉は難しいのです。

こんな難しい値引き交渉を頑張るより、そこはお店を全面的に信用して、「購入条件の明確化」に力を入れましょう。

購入条件は必ず書面にする

納車までに、車の不具合個所、キズなどの修理をする場合もありますが、そういうものは、必ず書面でひとつひとつ記載してもらえるか聞きましょう、もしこれを嫌がるようなお店は、あとあとの事を考えると…

「お金を出してもらう都合があるんで、契約書を見せないといけない」とか言って必ず書面にしてもらってくださいね。

保証範囲を確認する

もう一つは「保証の範囲を確認」すること、中古店では「メーカー保証」以外は保証しない、というお店もありますから、「買ったらすぐに壊れたんで話をしたら保証外で有料です」なんて、あんまり笑えない話ってけっこう多いです、保証範囲の確認と保証書の発行を依頼しましょう、中古車検索サイト経由で購入すると、中古車検索サイトが「保証を発行」している場合もありますよ。

中古車の値引きは気持ち程度

中古車は値引き交渉が可能ですが、値引き金額は多くありません、また、値引きされることを嫌がるお店も多いです、人気車種ほどそういう傾向が強いハズ

あまり、値引きにこだわると、お店から商談を打ち切られてしまう事あります、人気車ほどそういった傾向がつよくなります、値引き交渉をするにしてもホドホドにしておいたほうがいいでしょう、中古車は一品物なので、商談も強気で出てくるお店が多いですね。



LAST>>7.契約する時と納車の時にチェックすること

最近の記事

あなたのかわりに中古車さがす

 

最大20社から保険無料見積もり

 

ロードサービス付き日本最大ガススタカード

 
PAGE TOP