中古車を買う

2.中古車の購入予算を決めよう

欲しい車のタイプが決まったら、購入の予算を考えましょう
まぁ「いくらまで払えるのか?」を考えるだけなんですが、ここは無理のない金額で予算を考えることをおススメします。

車は買ってから「税金」「自動車保険」「車検」といった出費がありますし、車があれば行動範囲も広がり何かと出費が増えるというものです、車代を払ったらまったくお金がない・・・というのではツライですね、手元にお金(現金)を残すような買い方がいいでしょう。

中古車は、店頭の価格では買えません

さて中古車店で「98.5万円」ていう表示の中古車があれば「100万円あれば買えるのかな?」って思ってはいませんか? 残念ながらその予算で、その中古車を買うの無理です、98.5万円の車だと、少なく見積もっても115万円くらいは必要と思います。

車は新車・中古車関係なく、店頭やネットで表示してある値段のほかに、「諸経費」と呼ばれる費用が掛かるからです。

諸経費は、車の年式・大きさ・販売価格・車検の有無・消費税・取得税・手続き費用といった税金と手数料の全般のことをいいます、購入金額によって金額が違ってくるので「諸費用は○○円です」と言い切れません。

諸費用が大体どれくらい掛かるかいうと、100万円までの車なら15万円くらい200万円の車なら25万円くらいと思って下さい、車によってプラス5~10万円くらい掛かることもあります、中古車は車に書いてある値段よりも実際には高い、ということを考慮して予算を考えましょう。

 

中古車をローンで買うとき予算の考え方

中古車をローンで買う場合は、「全額ローン」も可能ですから、車の支払い総額を考えてもあまり意味はありません、ローンの場合は「毎月の支払い金額」「ローン期間」に注目してください。

「毎月の支払い金額」は、じっくり考えて「まったく無理のないところ」で抑えるといいですね、「月々の支払いにはかなり余裕を持って」というのが理想です。

「ローン期間」は、支払い回数によってきまります、36回なら3年、60回なら5年です、毎月2万円の支払いだと、36回では72万円ですが、60回なら120万円となりますから、選べる車がまったく違ってきますよね、こちらも無理の無い支払金額を基準に考えればいいと思います。

期間が長く感じでも、余力がでたら途中で全額払ってローンを完遂させることはカンタンにできますが、反対に金額を減らしたり、ローン期間を長くしたりするのは、普通の理由では出来ない場合が多く、もし出来ても面倒な手続きをしないといけませんから大変です。

NEXT>>3.中古車を探そう

 

最近の記事

あなたのかわりに中古車さがす

 

最大20社から保険無料見積もり

 

ロードサービス付き日本最大ガススタカード

 
PAGE TOP