新車を買う

新車値引き交渉では登録日を重視しよう

納車日と登録日なら登録日を重視

新車には、お客さんに車を納める『納車日』と、車を陸運局に申請してナンバーをもらう『登録日』があります、新車の値引き交渉では納車日ではなくて、登録日を基準にして話をススメましょう。

新車の登録日とは?

新車をお客さんに届ける日のことを、納車日といいますがそのためには、車のナンバーを陸運事務局からもらってくる必要があります、このナンバーをもらってくる日を『登録日』といいますが、国産ディーラーの場合は、特殊な車を除くとメーカーの発行した書類があれば、申請するだけでナンバーをもらてくることが出来ます、つまりあなたの車がメーカーからまだお店にまだ届いていなくても、ナンバーだけを取得することができるのです。

 

新車ディーラーが登録を重視する理由

新車ディラーは、お客さんへの納車日よりも登録日を重要視しています、なぜなら新車ディラーをメーカーが評価するとき、登録した台数を最重要視していているからです、新車ディーラーはメーカーからの評価を上げるために、契約できた車は一日でも早く登録をして多くの実績としたいわけです。

そこで登録は書類だけでも出来るわけですから、メーカーから車が来なくても『登録』だけは先に済まそうとするディラーもあります、そしてそういった方針のもとでセールスマンも活動をしていますから、契約出来た車を月内に登録しようします。

 

車は1月ずれると、数万円査定額が違うことがある

ところで、自動車は1ヶ月登録がずれると、3年後の買取価格が1~3万違ってくるといわれていますし、それは数多くの事例が証明しています、ということは、月末31日登録と、翌月1日登録では、翌月1日の方が将来の買取りに価格が有利になるかもしれないのです。

これはとても大事で説明がするべき内容ですが、新車ディラーによっては、黙って月末に登録をして納車は翌月初旬~中旬といったことを行っているお店もあります。

また、契約してから登録は翌月にしたいと希望をいうと、

『納車日と登録日は違います』
『納車する為には、事前にナンバーを取得して点検する必要があります』

など、言い訳されてなかなかいい顔をしません、ほとんどのディラーが同様の対応だと思います、この言い訳は、全部嘘とはいえませんが、8割~は適当なことを言ってお客さんを煙に巻いています。(ホトンドカモ…?)

登録日を月初にするためには、最初からクギを差しておく

登録日を月初にする為には、商談の最初から『月をまたぐと損した気分なので、登録月に納車出来るようにして欲しい』などと言ってクギをさしておくべきですね、『納車日と登録日の両方を気にしているんだぞ』と伝えるわけです。

出来れば契約書にも、登録日と納車日を記載してもらうのがよいでしょう、契約書に書いてあれば、それを実行するしかありません。

また、『車がいつ来るかわからないので約束できない』といわれる場合もあるかもしれませんが、納車迄に半年もかかる車ならいざ知らず、普通は大体の予定がディラーで把握できるはずですし、どんなメーカーでも一ヶ月前にはメーカーからの配車の予定が出ているはずですから、約束できる月でも構わないので『登録月の納車』を要求したほうがいいでしょう。

もし、登録は「今月」納車は「翌月」という形を要求を受けたら、月がずれることを理由にして値引きアップやサービスの追加などの上乗せを要求してみましょう。

 

 

最近の記事

あなたのかわりに中古車さがす

 

最大20社から保険無料見積もり

 

ロードサービス付き日本最大ガススタカード

 
PAGE TOP