新車を買う

断りのセリフを考えておくとラク

断るセリフを考えて練習しておこう

商談が進むとセールスマンから「そろそろ契約…」といった感じで迫られる時があります、もうすこし検討したい、と思っていても、雰囲気でなかなか断りづらい場面もあるでしょう、こういった時の為に、先に断りの理由を用意してから商談に入ると交渉をスムーズにすすめられます。

セールスマンが押してくる時

新車のセールスマンは、『今がチャンス』と思えば、かなり強気に契約を迫ってくる時があります、こんな時に、『もうすこし考えたい…』といった弱い理由では、粘られてしまって話が進みません。

また、のらりくらりとした中途半端な返事では、セールスマンの販売意欲が冷めてしまって、『決心がついたらご連絡ください、よいお返事をお待ちしています(^_^)』と言われ、事実上の商談終了になったり、悪手としては、セールスマンの勢いに押されて『まぁいいかなぁ~』みたいな感じで勢いで契約してしまったりと…よい結果に結びつきません。

ただ、お客さんに決断を迫る時には、セールスマンも断られることを承知で迫っています、こういうとき用の強いお断りの返事を先に作っておくことで、スムーズに断ることが出来るのです。

効果的な会話で後の商談を有利にする

決断を迫られたときに、いろいろと返事の仕方はありますが無難なのは、『○○車も頑張ってくれていて、向こうには週末に決めると約束したんで、こちらも週末にお返事させてください』と、『人と人の約束なんで返事できません!』とう約束事にして土俵を変えてしまう方法です。

これなら、後日返事をするときに、『決めよう思っていたんですが、向こうが思ったよりも良い条件を出してきたので、どうしようかホント困ってしまて…チラ』ということもスムーズに言えますし、約束の日にしっかり返事をすれば『約束を重視する人』ということにもつながり、セールスマンからも信頼されます、セールスマンは『いい人』『人情的な人』『義理堅い人』には弱いです。

セールスマンも、『私も負けないようにもっと頑張ります』『上と掛けあってきます』といった流れになることが多いはずです、他車をダシするようですが、『迷っている』とか『検討してます』という返事よりも具体的なので、値引きの上乗せが必要な理由を、上に説明しやすいので上手くいく可能性が高まりす。

最近の記事

あなたのかわりに中古車さがす

 

最大20社から保険無料見積もり

 

ロードサービス付き日本最大ガススタカード

 
PAGE TOP