中古車を買う

事故車と修復歴車の違い

事故歴と修復歴の違い

中古車を買う時に、「事故した車は買いたくない」「修理した車は嫌だ」という事がありますよね、こういったことで修理した車は、「修復歴有り」という表示で売っているわけですが、一体どういう基準で修理すると、そういった扱いになるのか?事故歴と修復歴になにか違いがあるんでしょうか?

 

修復歴とは

中古車の修復歴というのは、「修理したことがあるよ」という事です、ホントそのままなんですが、実はお店が言う「修復歴」というのは、「走行に支障があるような重大な修理をした場合」なんです。(フレームが歪んでしまったなど)
このような、大きな損傷は事故以外には考えられませんから、修復歴有りの車=事故したことがあるというのが一般的です。

修復歴があるのか?ないのか?はとても大切なことなので、中古車店は必ず表示する事になっていますし、また販売店はそのことを伝えないといけないことになっています。

もし、修復歴がある車を買う場合、「納得できる保証が付いている・お店も信用できる」というなら、そう心配しなくてもいいと思います

事故歴とは?

さて中古車でいう事故歴とは、単に「事故をしたかしていないか」ということです、ただ事故したかどうか表示する義務はありませんので、事故歴無しという車の展示のしかたがホトンドでしょう。
「事故歴有り」なんて表示してある所は、よほど正直な中古車店か、ホントに大きなトラブを抱えている車なのかもしれません、ヤフオクで言えば、「ジャンク品につきノークレーム・ノーリターンでお願いします」という感じの車と思っていいでしょう、事故歴有りという表示がある車を買う場合は、じっくり検討する必要があると思います。

事故歴有りの車は、保証がついていない場合がホトンドですが、保証がついていても個人的にはオススメしません、私も買いませんね、そういう車は、通常走行では問題なくても高速道路を走ったら調子がおかしくなったとか、しばらく使っていたら様子がおかしくなったとか、いろいろ出やすいからです、「安物買いの銭失い」になりかねません

最近の記事

あなたのかわりに中古車さがす

 

最大20社から保険無料見積もり

 

ロードサービス付き日本最大ガススタカード

 
PAGE TOP