新車を買う

新車ディラーに行きにくい・・・どうしたら・・・

新車を買うためには商談するために新車ディラーに行かないといけません、が、初めて行く時には「なんかハードルが高い」「入りにくい」と感じてしまう人がけっこう多いようです。

ディラーがすぐそばにあってもお「一度も行ったことがない」「二の足を踏んでしまう」といった人も多いと聞きます、そんな行きにくい雰囲気の新車ディラーへ行くための、オススメの方法に「電話でアポをとってから行く」という方法です。

電話でアポをとってから行く

新車ディラーに初めて行く時にハードルが高いと感じたら、電話でお店に行くことを伝えてからお店に行く方法です。

もしも知り合いのセールスマンがいればその人宛にアポを取っていきましょう、もっとも、こんな悩みを抱えている人に、知り合いのセールスマンがいる人は少ないですよね。

それから、これから新車を買う為の商談をすることになる場合、知り合いのセールスマンからの購入は、値引きが少なくなることも多いケースが多いです、知り合いということでキビシイ要求がしにくいことも・・・

正直、個人的な知り合いセールスマンとの交渉は、初心者にはハードルがかなり高いです。

電話した理由は「車が見たかった」でOK

さて、アポのための電話の切り出しは「○○といいますが、□□□の車を見たいんですが、今日は見れますか?」という感じで話し始めるのがいいと思います。

見たい車があるかどうか確認するわけです。

あまりありませんが、展示会やイベントのあとだと、たまたま展示車が売れてしまって見れない事もありますし、なにより、「買いたいんだけど」「欲しいいんだけど」というのはNG、足元を見られること間違いなしです。

ホトンドケースで、あとは電話にでてくれた女性(通常)が、「今日は何時頃お越しになられますか」とか「お車でお越しですか?」など幾つか質問をしてきて、最後に「是非お越しください!お待ちしております‼」といって話をもっていくはずです。

そういう風な会話になるように決められますから

お店では、こういった電話があると、手の空いているセールスマンなどに、話を振ってあなたの受け入れ準備を整えます、「いまのお客さんけっこう濃そう~(売れるかも)」「私が対応します」「どう○○君担当してみる?」とかいった会話が飛びかってます。

実際にあなたがお店につくと、「どうも、わざわざ、お越しいただきありがとうごうざいます、ささ、どうぞコチラへ」といった感じで、スタッフは満面の笑みで対応してくれるはずですよ(たぶん)

ネット見積もりを取ってから行く

さて、上のように電話でアポを取っていく場合、相手は売るための多少の準備を整えているので初心者には正直不利になる事が多いです(値引き交渉の意味で)

実は安全・確実なのが、ネットで一度見積もりを取ってから担当者あてに行く方法です、この方法はネットの新車見積もりを取っているサイトで新車見積もりを取り寄せます、見積もりには必ずお店側の担当者名が記載されているので、その人あて訪ねればOK。

この方法のメリットは、幾つかあるのですが、初心者に一番メリットがあると思うのが、商談前に車の正確な購入額がわかることです、車種やオプションなどの変更が特になければ、メールで届いた見積もり金額が「購入金額の上限」と考えれば大丈夫、ここから、値引き交渉をするわけですから、安くなることはあっても高くなることはありません。

ただ、欠点もあって地域によっては取り寄せられるディラーがないこと、その場合は電話するしかないんですけどね、ネット使った見積もりは月間で65,000件以上です、上手に利用すれば、初心者でも商談を有利にススメられます。

新車ディラーは、何度かお店に数度行けば慣れると思います、すぐに「なんか新車ディーラーってたいしたことなかったな」って感じると思います。

 

 

 

 

最近の記事

あなたのかわりに中古車さがす

 

最大20社から保険無料見積もり

 

ロードサービス付き日本最大ガススタカード

 
PAGE TOP