新車を買う

初心者の値引き交渉は家族を使う

初心者の新車値引き交渉では、初めから「家族のOKがないと車が買えない」というような、購入条件を設定しておくことで、セールスマンから返事を求められた時にラク。

決断や判断を迫られたときに、「家族に聞いてみないと・・・」「相談してから・・・」といった感じで、その場を切り抜けるのに便利に使えますよ、セールスマンは下手な事を言って話を複雑にしたくないので、こう言われると攻めにくくなります。

「契約の最終判断は家族」といった設定で商談しておくことで、最後の値引き要求の時に「家族がウンと言わない」「高いと言われた」「親に知り合いに聞いてやる」などなど、なんやかんやと家族が言ってきた・・・ということにすると値引きを引き出せるかもしれませんよ。




実際の商談で家族をどうつかう?

家族(決定者)の登場は、商談の最終です、いよいよ値引き交渉が大詰めとなった、あなたが「決めようか?どうしようか?」と迷っている時に登場してもらいましょう。

もちろんその前に家族と打ち合わせしておきます。

打ち合わせでは、「ちょと高いな~」「これではな~」というようなニュアンスを言って貰う、基本方針は「高いからNO」という姿勢でいてくれればOK、この辺は理屈よりも「感覚的に高い」という感じですね。

セールスマンは、車が売れる直前と思っているので、

「なんとか反対者を落とせないか?」
「OKしてもらえないか?」

しか考えませんから、あの手この手で説得しようとしてきますから、そこのつけ込んで要望を言いましょう。

明らかに購入者の友人・知人と思われる程度の関係者の発言だと、「アハハハハ」「ちょっとキビシイなぁ」と言ってごまかす(とぼける)んですが、血縁や親戚のとなると「この話は濃い」「売れる寸前だ」と、セールスマンも商談に力が入るものなのです。

もしここで、引き下がってしまえば今までの苦労が水の泡ですしね。

こいつ(反対者)さえを口説ければ、車が100%売れるわけなので、必死になって会社にもイロイロ掛け合うはずなんです。

その結果、なんらかの、プラスαの条件UPを提示をして来ることが多くなるというわけです。

商談に慣れていない初心者は、「高い買い物なので自分の判断では決められない(本当は決められても)」「初めて車買うので1人では・・・(初めてじゃなくても)」といったスタンスで最初から商談したほうが、新車の値引きは引き出せる事が多いと思います。



最近の記事

あなたのかわりに中古車さがす

 

最大20社から保険無料見積もり

 

ロードサービス付き日本最大ガススタカード

 
PAGE TOP